Tissotアンバサダー

Tissotの革新的かつダイナミックな側面は、1953年スイスのベルンで開催されたMotoグランプリに始まるモータースポーツへの想いを反映しています。この情熱を体現するのはMotoGPライダーのホルヘ・ロレンソ、ティト・ラバト、スイスが誇るMoto2ライダーのトマス・ルティ、そしてFIMワールドスーパーバイクライダーのニッキー・ヘイデンです。Tissotのチームスピリットと戦略的姿勢を代表するのは、バスケット界のアンバサダートニー・パーカーと、クリケットのインド代表選手ヴィラット・コハリー。そして、映画やテレビといったコミュニケーションの世界では、ディーピカー・パードゥコーン、リウ・イーフェイ、ホワン・シャオミンら、伝統とモダンの融合に価値を見出すTissotのアンバサダーたちが、全く異なるタイプパフォーマンスを表現しています。