オリジナルモデルを再解釈してアップデートしたコレクション

1978年のフラッグシップデザインに回帰したPRXは、ケースとブレスレットが一体化した、いま持つべきタイムピース。時代を感じさせないソリッドでスリムなその造形は、デザインと創造性にこだわる人に最適なモデルです。

PRX Cover PRX Cover
1970年代に生まれたデザイン

創業以来、その長い歴史において「Innovators by tradition - 伝統に根ざし、伝統を打ち破るイノベーター」として時計づくりを続けてきたTissot。常にその時代のデザインを解釈する方法を心得ています。1970年代後半、当時新しく登場したばかりのクォーツムーブメントを搭載したブレスレット一体型タイムピースのシリーズを誕生させました。当時開発したその薄さが、今日のPRXへとつながるスリムケースを実現したのです。

傑出したタイムピース

今日のスポーティエレガントとカテゴライズされる時計のデザインに大きな影響を与えた、Tissotの歴史的なモデルを再解釈したPRX。丁寧な仕上げを施した、デザインも仕上がりも傑出したウォッチです。

PRX Detail
ラウンドベゼル

カーブした鏡面仕上げの薄型ベゼルは、ケースやブレスレットとともにPRXのデザインを際立たせ、オーバル型の時計の中心に美しい円形を浮き上がらせています。

その美しい円の内側に位置するのはサンレイ仕上げや縦サテン仕上げを施した、洗練されたテクスチャーのダイアル。ケースとブレスレットの表面仕上げと呼応するデザインになっています。

PRX Detail
ブレスレットへ滑らかに続くケース

ケースとブレスレットをより一体化させるために、ブレスレットへと滑らかに幅が変化するPRXのケース。ラグのない印象的な一体型のデザインは、ストレートのケースエッジがそのままブレスレットの最初のリンクへとシームレスに変化します。

その薄さが際立つPRX 。着用した時に手とクリスタル風防の近さが、この効果をさらに高めています。

PRX Detail
印象的なブレスレット

PRXに個性的なシェイプを生み出している、滑らかにつながった幅広でマットなリンク。そのサテン仕上げのクオリティはベゼルの鏡面仕上げ同様に、丁寧な仕上げが施されています。

携帯性と柔軟性を実現した、そのデザインの妙。それは手首に美しくなじみ、優れた着用感と魅力的な外観を提供します。

PRX Watch PRX Watch